30代からなぜコラーゲン量が減少するの?

 

30代からなぜコラーゲン量が減少するの?

お肌の曲がり角と言われる25歳を皮切りに、30を過ぎると肌の老化が始まってしまいます。

 

 

これは老化にともない肌のコラーゲンが減少していっているせいなのです。

 

では何で30代を過ぎるとコラーゲンが減少してしまうのでしょうか?

肌の土台、真皮の70%くらいがコラーゲンでできていますが、これが肌のハリなどを維持しています。
コラーゲンは肌に分解されて、また合成されてのサイクルを繰り返していますが、老化によりそのサイクルが合成より分解のスピードが勝ってきてしまうのです。

 

そのためコラーゲンが減少傾向になってしまうというわけです。

 

コラーゲンが減少すると肌のハリがだんだん失われて、目元のくぼみやシワなどが気になってきてしまいます。

ちなみにコラーゲン自体も老化をすると考えられていて、紫外線と結合してコラーゲンが「酸化」し、余分な糖分と結合して「糖化」してしまい肌に悪影響を与えるのです。

 

コラーゲンは30代から40代にかけて急激に減少していきます。
そのため30を過ぎたら紫外線には特に注意したり、コラーゲンを経口摂取したりする必要があるのです。

 

また糖分の大量摂取も良くありません。

甘いものをたまに食べる程度なら大丈夫ですが、糖尿病になるほど食べるとどんどんコラーゲンが糖化されて減少していってしまいます。

 

30代を過ぎたら、今までのスキンケアにプラスして食生活などにも気をつけなければならないというわけですね。

 

コラムの関連記事