年齢を重ねるとなぜ代謝は落ちてくるの?

 

年齢を重ねるとなぜ代謝は落ちてくるの?

赤ちゃんはちょっとの肌トラブルでもすぐに治ってしまうのに、歳を重ねるごとに傷口の治りが遅い、肌トラブルがなかなか治らない。

 

そんなことを感じたことはありませんか?

 

 

実はこれらはすべて肌の新陳代謝、ターンオーバーのはたらきが落ちてきてしまっているせいなんです!

 

 

ターンオーバーは通常28日周期でお肌が生まれ変わりますが、40代になるとなんとターンオーバーの周期が40日になると言われているのです。

 

加齢による体力の低下や冷えなどが原因で新陳代謝が悪くなってしまっているからなんです。

特にからだの冷えは影響が大きく、血行不良などからからだの老廃物を排出しづらい環境にしてしまい肌に十分な酸素や栄養がいかなくなってしまうのです。その結果新しい皮膚がうまれることができなくなってしまい、ターンオーバーが遅れるというわけなんです。

 

ではどんな原因から冷えがくるのかというと。

  • ストレスのせいで起きる自律神経の乱れ
  • 運動不足
  • 脂質や糖質の摂りすぎで血液がドロドロ状態
  • からだを冷やす食べ物や飲み物のとりすぎ

などが挙げられます。

 

もちろん毎日の生活の中でターンオーバーを正常化に導くことは可能です。
睡眠をしっかりとるようにし、からだを温める食べ物を中心に食べて手足が冷えないようにします。
このように日常の簡単な行動で冷えを予防することができます。

 

新陳代謝の活性化は日々の積み重ねが大切だということですね。

 

コラムの関連記事